綜合警備保障健康保険組合

綜合警備保障健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

新着情報

[2019/01/23] 
平成30年度 被扶養者資格の再確認(検認)の実施について

被扶養者資格の再確認(検認)につきましては、健康保険法施行規則第50条および厚生労働省通知(保発第1029004号、保保発第1029005号)に基づき毎年実施しているところです。この再確認は、被扶養者として認定された方が、その後引き続きその資格があるかを確認するもので、保険給付の適正化を図り、皆さまからお預かりした大切な保険料を有効活用するためにも、必要な確認業務となりますので、ご協力の程よろしくお願いします。

平成30年度の再確認は次の要領で実施しますので、ご確認ください。

 

対 象 者   平成31年1月1日現在、当組合の保険証を持っている被扶養者の方すべて

 

重 要

 

期限までに提出がない場合、資格審査を受ける意思がないとみなし健康保険組合の権限により平成31年3月1日に遡って被扶養者の資格を取り消す場合があります。取り消し以降は医療費等の返還が生じることもありますので期限までに提出くださるようご協力をお願いいたします。

 

詳しくは…

 

各個人あてに配布している封筒の中にご案内が入っています。
また被扶養者資格の解説について、健保だより「冬 №90」に載せていますのでこちらも併せてご覧ください。

 

チェック    被扶養者の範囲・被扶養者認定基準については…

         >家族の加入について

 

>平成30年度 被扶養者資格の再確認(検認)の実施について

>【はじめにお読みください】被保険者・被扶養者の皆様へ

 

ページ先頭へ戻る